美味しいから揚げを作るためのコツを紹介します。肉の下味や揚げ方など、様々な所にコツが有ります。

さまざまな味のから揚げを作っておもてなし

美味しいから揚げを作るコツ

さまざまな味のから揚げを作っておもてなし から揚げを美味しく作るコツの1つ目は【肉がジューシーであること】です。食べた時にパサッとしていたり、逆に日が通っておらず生焼けになってしまっているのではから揚げの価値も半減してしまいます。ジューシーに仕上げるために覚えておきたいコツは【肉の繊維を切っておくこと】です。肉の繊維を包丁やフォークで穴を刺すなどして切っておくと肉が縮みにくくなり、固くなるのを防いでくれます。硬くなりやすい鶏胸肉に関しては【下味を付ける前に水につけておく】ことで水分をたっぷり含むので、揚げた時にも硬くなりにくいという裏ワザがあります。

2つ目のコツは【下味の付け方】です。下味に醤油や砂糖を多く使ってしまうと、揚げている時に焦げやすくなってしまいます。そこで、醤油の代わりに塩、砂糖の代わりに蜂蜜をなじませることで焦げにくいから揚げを作ることが出来ます。3つ目は【揚げ方】です。温めた油にから揚げを入れるのではなく、常温の油から揚げることで、から揚げが焦げにくく、内部までゆっくりと温まることで、外も中も均一な硬さに仕上げることが出来るのです。また、二度揚げも有効な方法で、最初は160度〜180度に設定し、一度引き上げた後、180程度の油でカラッと揚げるという方法でも衣をさっくりと仕上げることが出来ます。

おすすめ情報